外付けhddの認識不良はセルフチェックから|hddマスター

パソコン

ドライバという概念

オフィス

PCを利用していると様々な周辺機器を繋げて利用します。例えばプリンターやマウス、キーボードやUSBメモリなど、数えてみると意外と多い事に気づきます。そして最近ではもはや標準になった周辺機器が有り、その代表的な例が外付けhddでしょう。外付けhddはhddを何時でも何処でも持ち運ぶことが出来るようにしたポータブルタイプのhddです。内部にはPCに内蔵されているhddと同様の種類が搭載されており、外部からの衝撃に耐えるためや制御ハードウェアを搭載するためにケースに収納されています。外付けhddを利用するためにはUSBケーブルなどの物理ケーブルを用いてPCと接続します。通常であればこれだけで認識され利用することができますが、時折認識できないという状況になる場合があります。認識できない理由は様々ですが、その原因の1つにドライバー不良があり、意外と一般的に知られていない原因として有名です。

PCでは周辺機器を繋げる時に必ず周辺機器と通信します。この通信を行う時に必要なのが周辺機器とPCとのシステムの差異を吸収し、正常に通信を行うためのドライバーです。周辺機器を使うためには必ずドライバーを予めPCにインストールする必要があり、昔はこの作業を行わないと認識できませんでした。しかし最近のPCではこのドライバーが予めインストールされており、接続するだけで認識ができるようになっています。しかし、PCに何かしらのトラブルや環境の変化があった時にはドライバーが正常に読み込まれない状態になることが有ります。この状態で外付けhddを接続しても認識することは出来ず、途方に暮れる時があります。ドライバーがしっかり読み込まれているかどうかはPCのシステムをチェックすると一目瞭然で分かり、再度インストールし直すことで正常に読み込むことが出来ます。

最初にチェックする事

オフィス

外付けhddが認識しない時はまず音と匂いに注目して状態をチェックしてみます。明らかに異音がある場合や全く音がしない、また匂いが焦げ臭い時はhddの故障が考えられます。

Read More

専門業者に依頼してみる

オフィス

外付けhddが認識できないという時はまず保存しているデータの復旧を再優先に考えル必要があります。専門業者に依頼することで高い確率で修復と復旧が期待することが出来ます。

Read More

修復料金の相場

スーツ

外付けhddが認識されず専門業者で修理する時はまず業者によって異なる料金体制に注目してみるといいでしょう。一般的にはhddの容量で定める方法と故障の種類と度合いで定める方法の2種類あります。

Read More